かえっこバザール その2

こんにちは。GWまっただ中ガスコンロ掃除に熱中していますタナカです。

2回生小暮ゼミの学生たちが、かえっこバザールの主役である”おもちゃ”の仕分け作業を頑張っています。
b0215182_119185.jpg

半分物置のようにしか見えないこの部屋、実は学部長室なのですが…
ここにはたくさんの箱が所狭しと置いてあります。
それらの箱には、今までの”かえっこバザール”で子供たちが持ってきてくれたおもちゃが入っているのです。

このおもちゃの海の中から、学生たちが次のかえっこバザールに持っていくおもちゃを3種類+@(1ポイント/2ポイント/3ポイント+オークション)に仕分けします。
時には懐かしい品が出てきたりして…。
b0215182_11234753.jpg

中にはどうしても、汚れや破損で交換に出せないおもちゃが出てきます。
だれも持っていかなようなおもちゃ(ファストフードのオマケなど)もたまってきます。
それらを利用し、なにか面白い企画はできないかと検討中です。

GWが明けるとやってくるのは、2回生にとって始めてのイベント運営、かえっこバザール。
準備を通してだんだんと現実味が湧いてきたのではないでしょうか?
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-30 11:32 | かえっこ

自己紹介 さんにんめ

携帯からの投稿になりますので、PCの方は見ずらく表示されるかもしれません。申し訳ありません。

とても遅くなりましたが、自己紹介いたします。
『第7回こどもの文化フォーラムinやましな』のスタッフとして参加させて頂く京都橘大学小暮ゼミ3回生大林といいます!


同じゼミのタナカさんと玉村さんと力を合わせて取り組んでいきたいと思っております。

かえっこバザールのスタッフといたしましては数回参加させて頂いていますが、全体のスタッフ(主にかえっこですが;)として参加させて頂くのは初めてです。

ですので、いろいろとご迷惑をおかけしてしまうかと思います。

どうぞ、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いします。


私は来てくれる方に有意義で新しい発見に満ちた過ごし方になりますよう少しでも助力出来たらと思います!

何よりも私たちスタッフも楽しんでこそ成り立つイベントではないかと思うので、楽しんで参加出来たらと思います!!


好きな俳優は堺雅人さん。
好きなキャラクターはドアラ、ムーミンです。
知っている方どんどん話しかけて頂いたら嬉しいです。

以上、大林でした。
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-29 08:16 | かえっこ

自己紹介 ふたりめ

こんばんは。
タナカさんと同じく、『第7回こどもの文化フォーラムinやましな』にスタッフとして参加することになった、京都橘大学3回生小暮ゼミの玉村です。
スタッフとしてのお手伝いの他、京都橘大学吹奏学部の木管アンサンブルメンバーとして当日に演奏もさせて頂くことになりました。
 
木管アンサンブルでは、クラリネット×2・ソプラノサックス・テナーサックス・バスクラリネットの5重奏を予定しています。
こども達に楽しんでもらえるような、楽しい演奏ができるように頑張ります!!
 
因みに写真は、私の担当楽器のバスクラリネットです。
低い音が出る楽器なので、他の楽器と比べて背が高いのが特徴です。
ベッドの上に居た猫たち(?)と一緒に撮影してみました。
猫大好きです。
 
今後このブログで、楽器や演奏する曲目なども紹介していきたいと思います。
それでは、今回はこの辺で。
b0215182_2334722.jpg

[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-22 22:56 | かえっこ

かえっこバザール その1

b0215182_115742.jpg


こんにちは、タナカです。

こども文化フォーラムinやましなの前に、5/7(土)に東御坊さん(山科別院長福寺境内)で小暮ゼミの2回生がかえっこバザールを行います。
そのチラシが出来上がったと聞き、早速UPしてみました!

2回生にとってはこれが始めての”かえっこバザール”となります。
毎年かえっこバザールの準備は、ゼミ生によるチラシ作りから始まるのです。

ここで体験し、学んだことをこども文化フォーラムinやましなで発揮してくれると思います。
当日、かえっこバザールのお手伝いをしてくれるこどもたちのパワーにも期待します。

他にも東御坊さんでは多くのイベントを開催します。
皆様、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-21 11:27 | かえっこ

自己紹介 ひとりめ

始めまして!
京都橘大学 現代ビジネス学部 都市環境デザイン学科 3回生小暮ゼミのタナカです。
今回、「第7回こどもの文化フォーラムinやましな」のスタッフとして参加します。
2回生の時は”かえっこバザール”とともに山科で開催されたイベントに参加してきました。
その経験を活かせるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

今後は同じ小暮ゼミの学生とともに、このBlogで「第7回こどもの文化フォーラムinやましな」で行われる催し物やワークショップなどの情報をどんどん紹介していきます!
楽しみにしていてくださいね。
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-16 11:10 | かえっこ

こどもの文化フォーラムのれきし

こどもの文化フォーラムの歴史  
(じつは、第6回までは、「子ども」という表記でした)
(また、かえっこバザールを導入したのは、2008年から)

場所は、すべて、京都市東部文化会館

第1回 子どもの文化フォーラムin山科醍醐
~キッズ アーツ カレイドスコープ~
2005.6.25(土)~6.26(日)

第2回 子どもの文化フォーラム~川そぞろ、やましなの里あそび~
2006.5.27(土)~28(日)

第3回 子どもの文化フォーラム~町っこのまち育て~
2007.5.27(日)

第4回 子どもの文化フォーラム~まちっこ・かえっこ・あそびっこ~
2008.6.8(日)

第5回 子どもの文化フォーラム~色んなかかわり、広がれつながり。~
2009.6.7(日)

第6回 子どもの文化フォーラム~みて きいて おどって つくって~
2010.6.20(日)

第7回 こどもの文化フォーラム~きっと もっと ずっと~
2011.6.19(日)

第8回 こどもの文化フォーラム~エコムでたんけん!~
2012.6.17(日)
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-12 16:18

第7回こどもの文化フォーラムinやましな 2011.6.19

第7回こどもの文化フォーラムinやましな〜きっと もっと ずっと〜 

[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-12 11:53

2008年度のフォーラムあいさつ文

2008年度 第4回子どもの文化フォーラム「まちっこ、かえっこ、あそびっこ」当日パンフ原稿   


「町っこ」から「まちっこ」へ。そして、「かえっこ」も「あそびっこ」も

子どもの文化フォーラム実行委員長 小暮宣雄

去年(2007年)の5月27日、やはりここ京都市東部文化会館で、第3回の子ども文化フォーラムが行われ、大勢の皆さんにお越しいただきました。そのときには、テーマを「町っこのまち育て」としました。2回目(2006年)は、山科の自然との交流をテーマとしましたので、次は「まち」をテーマにしようと思ったからでした。

そして、山科という「まち」は、市街という「街」ではなくて、人工的な自然である田んぼや畑もある「町」というこだわりもあって、このタイトルをみんなで共有したいと考えたことを思い出します。

さて、今年、第4回目は、思い切って、「町っこ」を「まちっこ」にしつつ、「かえっこ」も「あそびっこ」も豪勢に追加し、ぜ~んぶ、ひらがなにしてしまいました。

そう、「まちっこ、かえっこ、あそびっこ」です。

これは、3回目の考え方(子どもを遊ばすことから、子どもと一緒に遊び作る方向へ)を継承しながら、子どもが自分たち自身で考えて行動するまちの主役へとこの催しが発展していければどんなにいいだろうか!と思ったからです。

古来、大和には、「ことば」という言葉は、存在しなかったそうです。「こと」という言葉で、事(こと)=出来事(event)も、言(こと)=言葉(word)もいっしょに表わしていたようです。そのため、口承がベースだった古事記には、「ことば」という言葉は見つからず、漢字が中国からやってきて、ことば(言葉)というwordが生まれてきたそうです。のちの古今集の紀貫之の仮名序、「やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのこと(事)の葉とぞなれりける」は、有名ですよね。

おっと、大学の授業のようになってしまいました。言いたかったことは、たとえば、漢字の「子供」とひらがなの「こども」、そしていま私たちが使っている「子ども」。この同じ発音の「kodomo」でも、その届き方、響き方、もっといえば「こころ」持ちはそれぞれ違うということです(私たちはこどもにも大人にも伝えたい!と思って、この中間の「子ども」という表記を無意識に選択しているのではないかと思います)。

「こと(言葉)」を口にすることがそのまま「こと(事)」となる古来はいうまでもありませんが、いまでも「ことば」というwordに、「こと」の葉(端っこ)は残っています。すなわち、言葉(とその表記)に「こころ」を感じ、それを大事に伝えよう、表現しようとする伝統を日本人はいまも持っているのではないかと思います。

ということで、長々と書きましたが、今回のテーマ「まちっこ、かえっこ、あそびっこ」はぜんぶひらがなです。つまり、第4回目のねらい(テーマ)は、「まちっこ」がじぶんたち(=ひらがな使い)で「あそびっこ」になることです。

そのために、「かえっこ」という新顔を登場させました。たぶん、山科でははじめての試みなのですが、美術家の藤浩志さんが彼の美術ワークの一環として考案したかえっこバザールは、まさしく、子どもたちの、子どもたちのための、子どもたちによるおもちゃ交換システムで、私たちのねらいにぴったりの企画だと思います。

このかえっこバザールは、国内外を問わす、すでに3000以上の地域で行われ、秋11月には、水戸芸術館で全国規模の第1回目かえっこフォーラムも開かれようとしているそうで、文化がまちや子どもを結ぶという理想を、一つのかえっこバザールというアーツプロジェクトが実現しつつあるという意味でじつに興味深い「こと」と言えるのです。


去年も来ていただいたみなさまご来場ありがとうございます。そして、今年はじめてご来場いただいたみなさま、いろんな場、ステージがありますので、ごゆるりとお楽しみくださいませ。とくに、鑑賞するだけではなく、体験、体感、探検、参加(参画)していただくことをお奨めします。

最後になりましたが、協賛・助成・協力していただきましたみなさまありがとうございました。山科のまち、そして「まちっこ」の未来につき、今後ともどうかよろしくご支援のほどお願いします。(京都橘大学教員)
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-12 04:28 | かえっこ

facebookページに書いた、かえっこバザールinやましな

facebookページに書いた、かえっこバザールinやましな
http://www.facebook.com/kaekkoY より

設立年月日  2008年4月1日

場所 京都市山科区大宅山田34 京都橘大学こぐれ研究室,

情報
アーティスト藤浩志さんによるおもちゃのお金のいらない交換と交流会

説明
全国(世界)で共通のかえる通貨によるもの。
基本的な考えはこちら→◎
全国の動きなど詳しくは、ブログで → http://kaekko.exblog.jp/

これまで
第1回 2008.5.11(日) 山科青少年活動センタースポーツ室
第2回 2008.6.8(日) 京都市東部文化会館(第4回こどもの文化フォーラム)
第3回 2009.5.10(日) 山科青少年活動センタースポーツ室
第4回 2009.6.7(日) 京都市東部文化会館(第5回こどもの文化フォーラム) 
第5回 2010.5.30(日) 山科別院長福寺境内(こどもフェスタ2010)
第6回 2010.6.20(日) 京都市東部文化会館(第6回こどもの文化フォーラム)
第7回 2010.9.11(土) 京都市東部文化会館(山科区エコアクションNo.1宣言2010)

基本情報
2011年は、いまのところ決定しているのが、

◎2011.5.7(土) 山科別院長福寺(東御坊)境内(こどもフェスタ2011)
 5/8も有志でかかわるかも
◎2011.6.19(日)  京都市東部文化会館(第7回こどもの文化フォーラム)

あと、9月にも、エコアクションの一環にて、京都市東部文化会館予定あり


ミッション
こどもたちが自発的に活動できる文化プロデュース

受賞歴
山科区我が家のエコアクション!優秀賞

商品・サービス
いらなくなったおもちゃを循環させること
そこで、遊びや文化の体験、鑑賞、ワークショップができること
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-11 12:29 | かえっこ

こぐれ日乗の検索など 第6回

第6回 子どもの文化フォーラム →内容はこちらで ◎
http://blog.canpan.info/0622/daily/201006/11

朱さんのブログ→http://blog.canpan.info/0622/daily/201006/11

こぐれ日乗の検索 

2010.6.19 http://kogure.exblog.jp/10836636/

2010.6.19 http://kogure.exblog.jp/10839938/

2010.6.20  http://kogure.exblog.jp/10845916/

写真 http://kogure.exblog.jp/10851564/
    http://kogure.exblog.jp/10851662/

アンケート http://kogure.exblog.jp/10857395/

かえっこバザールとしてのまとめ  http://kogure.exblog.jp/10852121/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 17:10

こぐれ日乗の検索  第5回

こぐれ日乗などの検索 
第5回子どもの文化フォーラム

朱さんのブログ→http://blog.canpan.info/0622/daily/200906/09

2009.6.6 http://kogure.exblog.jp/8364518/

2009.6.7 http://kogure.exblog.jp/8369709/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 17:06

こぐれ日乗の検索 第4回

こぐれ日乗の検索 
第4回子どもの文化フォーラム


2008.6.6 http://kogure.exblog.jp/7183833/

2008.6.7 http://kogure.exblog.jp/7189674/

2008.6.8 http://kogure.exblog.jp/7193327/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 17:03

こぐれ日乗を検索  第3回

こぐれ日乗を検索 
第3回 子どもの文化フォーラム

2007.5.27 http://kogure.exblog.jp/5652729/

http://kogure.exblog.jp/5665616/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 17:00

こぐれ日乗を検索  第2回

こぐれ日乗を検索 
第2回 子どもの文化フォーラム

2006.5.27 http://kogure.exblog.jp/3663451/

2006.5.28 http://kogure.exblog.jp/3667486/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 16:58

こぐれ日乗を検索 第1回 

こぐれ日乗を検索 
第1回 子どもの文化フォーラム

2005.6.25<ぶじ、山科醍醐における子どもの文化のフォーラムのお仕事を終えるhttp://kogure.exblog.jp/2047469/

2005.6.26<ストローをちょちょいのちょいと切ると一番簡単な楽器ができる 帰って吹くと芳江にうるさがられたhttp://kogure.exblog.jp/2050231/

写真は、こちら→http://kogurearts.exblog.jp/2143346/
[PR]

# by kodomobunka | 2011-04-05 16:54